Close

応募者多数のため、第一期の募集は締め切りました。今後、キャンセルが出た場合にご連絡を希望される場合、応募フォームからお申し込みください。

 As we have many applications, we've closed the first sign-up period. If you would like to be put in the waitlist, please send your request via the form below.


慶應義塾大学アート・センターでは、「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクトの有給インターン生を塾生の中から募集しています!

私たちの大学がある港区は、現代文化の発信地、国際都市、そして多くの寺社仏閣や史跡、老舗企業が所在する歴史文化都市でもあります。身近なエリアで、日常あまり触れない文化を体験し、それを友だちや地域の人、海外からの訪問者に伝えるスキルを磨きませんか?

3部構成の「カルチュラル・コミュニケーター」ワークショップは、地域の文化資源に触れる貴重な経験のみならず、国際発信に必要な様々なスキルを習得する機会を提供します。


Keio University Art Center (KUAC) is calling for Keio students to join the project “Cultural Narrative of a City” as paid interns. Keio University is situated in Minato City, which is not only an international center rich in contemporary culture, but also an area full of historical sites of interest, temples, shrines, and long-established businesses. Would you like to encounter extraordinary culture in the local area and share your experience with your friends in Japan and abroad? By joining the “Cultural Communicator” workshop organized by KUAC, you can access the valuable cultural resources in the area and obtain various international communication skills.

カルチュラル・コミュニケーターになろう!

Let's Become a Cultural Communicator!

募集人数:12名(第1部のみ最大30名)

〆切:2018年11月9日


Maximum participants: 12 students (30 students only for Part 1)

Application deadline: 9 November 2018

ワークショップの流れと習得スキル

Workshop program and the skills you can get

Session 1

  • ワークショップの目的と概要の説明
  • デザイン思考を養うグループ・ワーク:
    「どのような目的・方法で国際発信を行なうのか?」
    講師:慶應SDM研究科 特任講師 鳥谷真佐子

  • introduction to the workshop program
  • design thinking group work: How and why do we communicate internationally?
    facilitator: Toriya Masako (Grad. School of System Design and Management, Keio)

創造的思考

チームワーク

creative thinking

teamwork

ガイダンスとデザイン思考トレーニング(11月初・中旬)

Orientation & Design Thinking Training (early to mid Nov.)

Session 2

  • 味の素 食の文化センター
  • 虎屋 虎屋文庫
  • NHK放送文化研究所/放送博物館
  • Ajinomoto Foundation for Dietary Culture
  • Toraya Archives (Toraya Bunko)
  • NHK Broadcasting Culture Research Institute

リサーチ

インタビュー

research

interview

文化機関訪問・調査(11月下旬〜12月初旬)

Visit & Research to cultural sectors (late Nov. to early Dec.)

Session 3

  • グループ・ライティング・セッション
    チューター:市川佳世子(慶大アート・センター)
  • プロジェクト・マガジン『ARTEFACT』や ウェブへの掲載記事を執筆
  • Instagram等で活動の様子を記録した写真を公開
  • group writing sessions tutor: Ichikawa Kayoko (Keio University Art Center)
  • writing articles for the project magazine “ARTEFACT” or KUAC website
  • uploading photos via Instagram etc.

ライティング

チームワーク

コミュニケーション

writing

teamwork

communication   

活動成果の発信(11月下旬〜1月)

Publication & Communication (late Nov. to Jan.)

その他の注意  N.B.

※ 第1〜3部の全てに参加の場合:プロジェクト・インターン生(有給)となり、修了証・謝礼が出ます。

※ 詳細な開講日程は受講者の都合を聞いた上で調整します。日程が合わない場合、申込み後のキャンセルも可能です。

※ 第1部のみの参加も可能(受講無料)。第2部のみ・第3部のみへの参加はできません。

※ 応募多数の場合、先着順での受付となります。


N.B. If you join all Parts 1-3, you will be paid and provided with a certificate as a project intern. If you cannot join the full program, it is possible to join only Part 1. It is not possible to join only Part 2 or 3. Places will be given on a first come first served basis.

The precise dates for the workshop activities will be decided considering the participants’ availability. If they turn out to be inconvenient for you, you can cancel your registration later.

募集人数と〆切  Maximum participants and deadline

募集人数:12名(第1部のみ最大30名) 〆切:2018年11月9日


Maximum participants: 12 students (30 students only for Part 1)

Application deadline: 9 November 2018

▶すべての質問を見る Display all questions


■ 文化機関の訪問・調査は、3つすべてに参加する必要がありますか?

どれか一つに参加できれば大丈夫です。


■ それぞれのワークショップの日程は1日ですか?

第1部は1日で行ないます。第2部のそれぞれの文化機関への最初の訪問はそ1日ずつですが、事前にグループで調査・インタビュー内容の打合せを行なう必要があると思います。また、調査のために各自で文化機関へ再訪することも考えられます。第3部は、各文化機関訪問後なるべく早く一度そのグループで集まって成果報告や発信の方法を話し合い、実際に執筆を始めます。必要に応じて追加の日程を各グループで決定します。


■ 謝礼について詳しく教えてもらえますか?

謝礼については最終的な活動報告の執筆成果に対してお支払いしたいと考えています。詳細な金額は慶應義塾の規程に従って検討中です。


■ 英語のスキルは問われますか?

ワークショップの活動は全体を通して日本語で行ないます。留学生と協力して活動成果の発信を多言語(主に日本語と英語)で行なう予定です。英語のスキルは特に問いませんが、もし英語で『ARTEFACT』の記事やSNSでの投稿記事を書いてみたいとの希望がありましたら大歓迎です。チューターからも必要なアドバイスとサポートを提供する予定です。


■ Will there be any English support?

All workshop activities will be conducted in Japanese. The tutors will be able to provide minimum English support. We hope student participants will be able to help each other too.

よくある質問 F.A.Q

慶應義塾大学アート・センター 都市のカルチュラル・ナラティヴプロジェクト

Planned and organised by Keio University Art Center, Cultural Narrative of a City project

企画・運営 Planning & Management

協力:科研費 挑戦的研究(萌芽)「博物館の新たな在り方を模索するための体験学習・ワークショップ評価の構築」

In collaboration with KAKENHI project lead by Toriya Masako