慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Yui Shoichi Seminar “Expanding Jazz”

This seminar makes use of documents from the Shoichi archive to trace the history of jazz. It opens its doors to jazz enthusiasts as well as specialists, and examines contemporary jazz as well as Shoichi’s outlook on jazz. These seminars are held twice quarterly, or six times in a year.

  • 2012-継続中


● プロジェクト① :Seiko presents“油井正一アーカイヴ” 公開 Jazz 研究会“拡張するジャズ”

従来の油井正一アーカイヴの活動を継承し、訪問所員の中川ヨウ氏を中心にジャズの歴史を多角度から考察していく。 また、当センター訪問所員菊地成孔氏らを迎えた講演会、コンサート、ワークショップ等を開催し、「ジャズ」を出発点 とする現代音楽の可能性を探求する。2017 年度からは株式会社セイコーホールディングスの協賛を受け、より頻度の高 い、さらに充実した内容の活動が可能になった。 

● プロジェクト②:Pop Japan Project (PJP)

2016 年に開始された。NHK ワールドとの協働のもと、日本のポピュラー音楽が世界各地でどのように受容されているかを研究する。また、日本音楽の海外発信の可能性について、芸術理論的側面とアート・マネージメント的な側面の両面から研究する。日本国際放送(NHK ワールド)からの委託調査 として、NHK 国際広報のポピュラー音楽番組”J-MELO”視聴者の実態調査も行っている。 

●プロジェクト③:アンサンブル・ワークショップ

メディアデザイン研究科の研究&実践プロジェクトOIKOS で過去数年にわたって研究されてきた「教養教育としての楽器アンサンブル学習」を理論面、実践面ともに発展 させるプロジェクト。2017 年からは、三田で講座を開講している。実際に、クラシック、ポピュラー、ヒップホップ等、 さまざまな音楽領域のアンサンブルを学ぶワークショップを行い、学生たちや一般人が「楽器演奏」を学ぶことの「意味」 と「方法」について研究を行う予定。 

●プロジェクト④:「普遍音楽研究会」

ゲーテ、キルヒャー、ブルーノ、フィチィーノ、さらには古代の思想家たちから現代の哲学的音楽論も参照しながら、 今日では「芸術」の一ジャンルとなっている「音楽」という営為を「普遍学=普遍楽」として捉えなおすべく、哲学的探究を行う。 

 

以上の複数プロジェクトが相互に協働しながら発展していくことを目指している。