慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

[国際ダンスプロジェクト] ワーク・イン・プログレス 磁場、あるいは宇宙的郷愁

昨年5月の日吉でのパフォーマンス〈quick silver〉で多くの観客を集め絶賛を浴びた室伏鴻が、フランスの二人のダンサーとともに戻ってきた。 
フランスのヌーベルダンスに衝撃を与えてきたベルナルド・モンテと、土方巽 のテキストによる作品〈La Danseuse malade病める舞姫〉で今やヨーロッパを席巻しているボリス・シャルマッツ。そして、室伏鴻。世界のエッジに立ち、国境なきダンサーとして活動する3人が、ついに日本に集結し、待望の日吉セッションが実現する。 
世界が注目するダンスプロジェクトが沸騰する。

日時

2009年5月28日(木)

場所

日吉キャンパス 来往舎イベントテラス

対象

費用

無料

お問い合わせ


日時

2009年5月28日(木)

場所

慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎イベントテラス
(横浜市港北区日吉4-1-1 東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅下車 徒歩1分)

対象

費用

無料

お申し込み方法

事前申し込み不要

登壇者/出演者

ダンス映像上映(室伏鴻、ボリス・シャルマッツ 記録映像)、ゲスト:バジル・ドガニス|パトリック・ドゥ・ヴォス 

NPO法人魁文舎|NPO法人舞踏創造資源

タイムテーブル

16:00- ダンス映像上映(室伏鴻、ボリス・シャルマッツ 記録映像)

  • ゲスト:バジル・ドガニス、パトリック・ドゥ・ヴォス

19:00- パフォーマンス Work in progress

お問い合わせ

主催・共催など

慶應義塾大学アート・センター


※新型インフルエンザ感染防止のため、来場の際にはマスク着用をおすすめいたします。
※首都圏での感染が拡大したときは、文科省あるいは関連機関の要請により公演を中止することがあります。その際はホームページを通じて連絡しますので、最新情報に注意してください。