慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

平成21年度 文部科学省人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業 芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム キックオフ・シンポジウム 対話型アーカイヴの可能性 [報告書]

高山正也/金澤正剛/村井純/前田冨士男/粂川麻里生/鷲見洋一/笠井裕之/上崎千/西川尚生/森下隆/渡部葉子
  • 発行: 2010-03-31
  • B5、49項

  • 頒価・送料: 無料、送料205円
  • 在庫無し

ご購入/送付方法

収録内容

報告編

  • 日本の公文書館の現状と法則(高山正也)
  • アーカイヴのこれから(金澤正剛)
  • 対話とアーカイヴ(村井純)
  • 芸術創造資源活用へむけてのパスポート
  • カタログ、ブログから、ダイアログ(創発的対話)へ––新しい知の想像力と「アート・アーカイヴ」
    (前田冨士男)

論考編

  • 「パスポート」の記録––人文学アーカイヴ構築の意義とその先に来るべきもの(粂川麻里生)
  • YSの自由への旅のノート(鷲見洋一)
  • 瀧口修造のパスポート(笠井裕之)
  • アーカイヴの中の河原温––「書簡・郵便物」の系列における《I GOT UP》(上崎千)
  • 油井正一という”パスポート”(粂川麻里生)
  • 音楽資料研究とアーカイヴ〜モーツァルトを例に(西川尚生)
  • 海外連携を求めて:旅の報告〜舞踏50年の記念行事に参加して(森下隆)
  • 建築との対話(渡辺葉子)

What's on