慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

《Para Vision Ten》とビデオ・テクノロジー KUAC Cinematheque 2 x 『プリーツ・マシーン』1号関連トーク・イベント

「テレビジョンというのは遠い所を見る機械というので[…]パラビジョンというのはテレ(tele)の反対で近い(para)、近い所が遠いんだという発想であります。」
― 手塚一郎《5.27 Para Vision Ten 5.27》(KUAC_VIC1033)より

VIC(ビデオ・インフォメーション・センター)は1970年代初頭より、あらゆるイベントの網羅的な記録を行ってきました。ハイ&ローを一切問わないそのスタイルによって残されたビデオ・テープはおよそ1200本に及びます。しかし、VICは記録するためだけではなく、ビデオの可能性を模索する多様な活動を行いました。その一つとして、東京都三鷹市にある沢野荘において行った《Para Vision Ten》というCATV(ケーブル・テレビ)の実験があります。小林はくどう氏も出演したこの実験において、VICは何を試みようとしていたのかという問いを皮切りに、当時のビデオ・テクノロジーを中心とした芸術活動の諸問題について考えたいと思います。

日時

2018年12月14日(金)18:00-19:30

場所

三田キャンパス 南別館2F
慶應義塾大学アート・センター

対象

入場無料・事前申込不要・どなたでもご参加いただけます

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
Tel: 03-5427-1621
Fax: 03-5427-1620

日時

2018年12月14日(金)18:00-19:30

場所

三田キャンパス 南別館2F
慶應義塾大学アート・センター

対象

入場無料・事前申込不要・どなたでもご参加いただけます

登壇者/出演者

手塚一郎(VIC代表)
小林はくどう(映像作家)
久保仁志(企画者)

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
Tel: 03-5427-1621
Fax: 03-5427-1620

主催・共催など

慶應義塾大学アート・センター