慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

土方巽/アーカイヴ 公開討議

 これまで8年にわたって、土方巽の命日1月21日には、「土方巽を語ること」を実施し恒例としてきました。2019年はこの恒例のイベントではなく、新たに公開討議として<土方巽/アーカイヴ>を開催します。

 2018年は慶應義塾大学アート・センターのアーカイヴ設置20周年でした。記念事業として、アーカイヴをめぐるシンポジウムを開催しました。もとより、シンポジウム開催でアーカイヴをめぐる問題が軽減したわけではありません。アーカイヴのためのアーカイヴ論は用意できますが、アーカイヴの現実には適わないからです。

 近年、土方巽への問いかけが、新たな関連資料の発見や提供とともに続いています。土方巽アーカイヴが、アーカイヴという装置にfixed starのように位置しつつ、周辺にさまざまなplanetが現れ、時に接着してfixed starを膨張させるかのような状況です。

 舞踏研究をより深化させるために、未知、未収集の資料への接近は不可避であり、アーカイヴの使命は、何といっても資料の収集と公開の連続にあります。とはいえ、その使命を語ることでは収まらず、そのプロセスにはさまざまな事象が生起し、関係が発生し、対応する活動が求められることも確かです。

 今回の公開討議では、そのconstellation(見取り図)を紹介し、資料群を検証し、歴史の探索を試みるとともに、土方巽への問いかけに答える位置に立つことをめざし、あるべきアーカイヴの方向を再考します。

フライヤー(PDF 3.6 MB)

日時

2019年1月21日(月)18:30〜21:00

場所

慶應義塾大学三田キャンパス東館5階会議室

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター[森下]
TEL 03-5427-1621 / FAX 03-5427-1620

日時

2019年1月21日(月)18:30〜21:00

場所

慶應義塾大学三田キャンパス東館5階会議室

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

無料

お申し込み方法

事前申込み不要

登壇者/出演者

発言者:池宮中夫、木部与巴仁、吉増剛造ほか

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター[森下]
TEL 03-5427-1621 / FAX 03-5427-1620

主催・共催など

主催: 慶應義塾大学アート・センター、ポートフォリオBUTOH
企画:慶應義塾大学アート・センター土方巽アーカイヴ
協力:土方巽アスベスト館、20世紀舞踊研究会


 土方巽アーカイヴをサーキュレートする資料体が次々と現れています。

  • 高井富子コレクション
  • 池宮信夫コレクション
  • 石井満隆コレクション
  • 辻村和子コレクション
  • 副島輝人コレクション
  • 吉本隆明コレクション(音声・映像記録)

 それぞれのコレクションの資料がアート・センターの収蔵庫に格納されています。まだ全貌が見えない長尾一雄コレクションも想定して、本討議では、それぞれのコレクションの特徴や意義から、さらには今後コレクションをどう扱い、どう装置化すべきか、具体的な展望と処理についてまで考えることになります。