慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

西脇順三郎と萩原朔太郎 --二人の詩法をめぐって アムバルワリア祭 IV

毎年、西脇順三郎の誕生日前後に開催している「アムバルワリア祭」。 今年のテーマは「西脇順三郎と萩原朔太郎」です。

両者の詩世界を言語と思想、風土などをキーワードに幅広い視座から捉え、探求します。

どうぞお気軽にご参加ください。

日時

2015年1月24日(土)午後2時〜午後4時

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

参加無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター(森山緑)
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 電話 03-5427-1621 FAX 03-5427-1620

シンポジウム[アムバルワリア祭]

日時

2015年1月24日(土)午後2時〜午後4時

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール

お申し込み方法

事前申込み不要

費用

参加無料

登壇者/出演者

司会:新倉俊一(英文学者・明治学院大学名誉教授)
登壇者:野村喜和夫(詩人), 杉本徹(詩人), 八木幹夫(詩人)

タイムテーブル

・開会挨拶 (慶應義塾大学アート・センター所長)
・野村喜和夫氏 「西脇は萩原を脱構築する──詩的言語の継承と乗り越え」
・杉本徹氏 「永遠の女のゆくえ」
・八木幹夫氏「詩篇に現れた精神風土のちがい」
・登壇者によるトーク・セッション (モデレーター:新倉俊一)

主催・共催など

慶應義塾大学アート・センター