慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

The Social World of Butoh Dance: Screening an Unseen Performance from the 1970s

VICコレクション*より、北方舞踏派の結成記念公演「塩首」の上映会を行います。土方巽の監修を受け1975年に初演を迎えた山形での公演の様子は、当時の舞踏家たちのつながりを示す稀有な資料です。また劇場への道中から、リハーサル、打ち上げまでを含む映像資料をケンブリッジ大学にて全編上演することで、通常アート・センターでしか閲覧できない資料を紹介する貴重な機会となります。理工学部教授小菅隼人、アート・センター訪問研究員のローザ・ヴァン・ヘンスバーゲン(ケンブリッジ大学)、土方巽アーカイヴより石本華江が発表を行い、海外の舞踏研究者たちと討議を行います。

*VIC(Video Information Center | 1972-現在)は、70年代から80年代にかけビデオを用いて、多種多様なイベントの記録および実験的なテレビ放送(アパートでのCATV放送の試み「Paravision Ten」1978年)等を行った運動体です。
★フライヤーをダウンロードする

日時

2022年12月17日 (土) - 18日 (日)

場所

クィーンズ・カレッジ(ケンブリッジ大学)Fitzpatrick Hall

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

無料

お問い合わせ

石本華江 () ・ ローザ・ヴァン・ヘンスバーゲン (

 

日時

2022年12月17日 (土) - 18日 (日)

場所

クィーンズ・カレッジ(ケンブリッジ大学)Fitzpatrick Hall

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

無料

お申し込み方法

こちらよりご予約ください

タイムテーブル

Saturday December 17
10:00–10:15 開会のご挨拶
10:15–11:45 “Introduction to the VIC and Tatsumi Hijikata Archive” – 石本華江 (慶應義塾大学アート・センター)
11:45–12:00: JSPS Presentation
13:30–14:30 “Surrounding Butoh: Shiokubi and the natural and cultural environment of Tsuruoka” – 小菅隼人 (慶應義塾大学理工学部教授)
14:45–15:45 “Behind-the-Scenes of Butoh: Rehearsals for Shiokubi and Tatsumi Hijikata’s choreographic Method” – ローザ・ヴァン・ヘンスバーゲン (ケンブリッジ大学)
16:00–18:00 「塩首」全編上映会


Sunday December 18
10:00–12:00 Archival footage screening (enter and exit freely)
13:30–15:00 Discussion

 

お問い合わせ

石本華江 () ・ ローザ・ヴァン・ヘンスバーゲン (

 

主催・共催など

Organized by: Portfolio Butoh and Rosa van Hensbergen (Queens’ College, Cambridge)
Supported by: JSPS (Japan Society for the Promotion of Science), Queens’ College, Cambridge, Butoh Laboratory, Japan