慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

ロックアンサンブル・ワークショップ 白寿生科学研究所協賛「アンサンブル・ワークショップ」

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)OIKOS音楽プロジェクトでは、ジャズ、クラシックの音楽ジャンルの楽器演奏および歌唱を習得する授業が、大学教育の中でどのような意味を持ちうるかをテーマとして、2012年より研究を続けています。
その成果として、2016年度より慶應義塾大学内にて音楽実技の単位取得授業の開講がされるようになりました。しかしながら、開講授業はクラシック、ジャズとジャンルが限られており、日本の総合大学での音楽教育に対する理解は、座学、レクチャーの授業が中心と現在も考えられています。
 
2017年度より、これまでの慶應義塾大学アートセンターの公開授業開講の実績、音楽プロジェクトの研究実績を踏まえ、株)白寿生科学研究所の協賛を頂き、パフォーマンスの本質に触れることのできる音楽実技の参加型ワークショップを開講します。

日時

2017年6月1日(木)・6月22日(木)19:00より

場所

慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6F G-SEC Lab.

対象

実技受講生
ギターが弾ける方を対象とします(10名限定)

聴講生
どなたでもご参加いただけますが、申込多数の場合は塾関係者が優先となります。

費用

無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
03-5427-1621

ワークショップ[アンサンブル・ワークショップ]

日時

2017年6月1日(木)・6月22日(木)
ワークショップ開始 19:00〜(18:30受付開始)

実技受講者は、前もってご入場いただけます

場所

慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6F G-SEC Lab.

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45(地図

対象

実技受講生
ギターが弾ける方を対象とします(10名限定)

聴講生
どなたでもご参加いただけますが、申込多数の場合は塾関係者が優先となります。

費用

無料

お申し込み方法

下記メールフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
演奏楽器などについて、お伺い、ご確認を差し上げたのち、申込みを確定いたします。

登壇者/出演者

講師:ichiro(Guitarist)

ichiro

1988年単身シカゴへ渡りセッション・ライヴを展開する。帰国後、WEA Musikからソロ・デビュー。日本人初のGibson USA/Endorse Artistにも就任。ギター専門誌Guitar MagazineでBrightest Hope Guitaristにも選出される。

セカンドアルバムをリリース。レコーディングでは、Los Angelsにて、Bob Glaub (Bass)、Marc Brown (Bass)、Chad Cromwell (Drm)、Rob Ladd (Drm) らと行う。エンジニアはJoe Walsh BandにいたGreg Droman。特別ゲストはAlbert Collins。

松浦善博、鮫島秀樹、Johnny吉長らとSons Of Blues (現The Sons) 結成。フラメンコカンテ KSK AritaとROCKAMENCOを結成。2007年Sonic Grooveからデビュー。夏木マリと斎藤ノブのバンド GIBIER du MARIに参加。同年、Avex Traxからデビュー。 矢沢永吉 CONCERT TOUR 2006 ROCK OPERA2 NEW STANDARD、矢沢永吉が結成したZ’sに参加。また、長渕剛 ARENA TOUR 2010 - 2011 "TRY AGAIN"、Arena Tour “All Time Best Tour”、長渕剛「10万人オールナイト・ライヴ 2015 in富士山麓」など各レコーディング&ライブツアー参加。アーティストから高い信頼と評価を得ている。

ソロアルバム”Circle Scale”をリリース。同年11/27にDVDをリリース。”Circle Scale”リマスターLive CD 2枚組としてリリース。ミニアルバム"Raw Vintage"をリリース。Acoustic Album “Life Time”をリリース。

Stephen Bruton、Otis Rush、Mavis Staple、Joanna Connor、Johnny B Moore、Stevie Salas、Slash、Paul Jackson、Zack Starkey、John Entwistle、Carmine Appice、Billy Preston、Wild Magnolias、Papa Grows Funk、矢沢永吉、長渕剛、夏木マリ、和田アキ子、南佳孝、etc…と多くの国内、国外のミュージシャンと一緒に共演した経験を持ち、年間100本以上の“Blues Rock On”などライブ活動を行っている。

タイムテーブル

  • 第1回ロックアンサンブル・ワークショップ(2017年6月1日)
  • 第2回ロックアンサンブル・ワークショップ(2017年6月22日)

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
03-5427-1621

主催・共催など

主催:慶應義塾大学アート・センター
協賛:白寿生科学研究所


アンサンブル・ワークショップについて

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD) OIKOS音楽プロジェクトでは、ジャズ、クラシックの音楽ジャンルの楽器演奏および歌唱を習得する授業が、大学教育の中でどのような意味を持ちうるかを2012年より研究を続けています。その成果として、2016年度より慶應義塾大学内にて音楽実技の単位取得授業の開講がされるようになりました。しかしながら、開講授業はクラシック、ジャズとジャンルが限られており、日本の総合大学での音楽教育に対する理解は、座学、レクチャーの授業が中心と現在も考えられています。 

今後の研究として、これまでの慶應義塾大学アートセンターの公開授業開講の実績、音楽プロジェクトの研究実績を踏まえ、株)白寿生科学研究所の協賛を頂き、パフォーマンスの本質に触れることのできる、クラシック、ロック、ポップスのジャンルの総合大学のための音楽実技授業の公開授業開講、開講した授業のカリキュラムをもとに、新たな音楽実技教育システムの構築の研究を行ってまいります。