慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

信濃町往来——建築いま昔

建築は人々が往来する場所です。エントランスを入り、階段を上り、扉をあけ、窓から外を眺める—わたしたちは建築の中で学び、仕事をし、生活をしていますが、建築自体をことさら意識する機会は、あまりないかもしれません。
一方で、ある時間を過ごした空間は、知らず知らずのうちに記憶の中に沈潜しています。建築や場所が、記憶のスイッチのように働く体験は誰にも覚えのあるところでしょう。
信濃町キャンパスは、医学生が長年にわたり勉学に励んできた学び舎であると同時に、病院を擁し、そこで時を過ごした人々も多い特別なキャンパスです。信濃町キャンパスはまさに、様々な人々の記憶が重層的に行き交う場といえるでしょう。
本展では、医学部開設100年を迎え、大規模な建築プロジェクトによって変貌を遂げようとしている信濃町キャンパスの建築を、写真を中心に展示します。慶應義塾の建築について、文化的な価値を見出すとともに、個人の記憶と建築とを結びつける機会となれば幸いです。

日時

2017年12月9日(土)ー 2018年3月31日(土)

場所

慶應義塾大学 信濃町キャンパス 総合医科学研究棟(エントランスおよびラウンジ)

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

入場無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
Tel: 03-5427-1621

展覧会[慶應義塾の建築]

日時

2017年12月9日(土)ー2018年3月31日(土)
※ 開館時間は総合医科学研究棟の開館時間に準じます。

場所

慶應義塾大学 信濃町キャンパス 総合医科学研究棟(エントランスおよびラウンジ)
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
JR総武線信濃町駅 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線国立競技場駅 徒歩5分
https://keio.ac.jp/ja/maps/shinanomachi.html

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

入場無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター
Tel: 03-5427-1621

主催・共催など

主催:慶應義塾大学アート・センター
協力:慶應義塾大学信濃町メディアセンター・慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター
助成:科学研究費基盤研究(A)「大学における「アート・リソース」の活用に関する総合的研究」


出品作品(予定)

  • 建築写真(新良太撮影)
    • 別館、予防医学校舎、北里記念医学図書館、中央棟、6号棟、7号棟、臨床講堂、白梅寮、犬舎、包括先進医療センター
  • 建築図面(複写)
  • 建築およびキャンパスの歴史的写真