慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

朝倉文夫《小山内薫胸像》三田キャンパス野外彫刻洗浄保存処置

三田キャンパスに設置されている3点の野外彫刻に関しては、2001年度に朝倉文夫《平和来》、柴田佳石《福澤諭吉胸像》について、2003年度、 2005年度、2007年度には2点に朝倉文夫《小山内薫像》を加えた3点について、洗浄保存処置を実施している。2009年度には2008年度に野外に再設置された菊池一雄《青年》を加えた全4点について洗浄保存処置を行った。再び作品表面に汚損が認められたため、上記4点について、アート・センターを通じて専門家によつ洗浄保存処置を行った。また、本年は特別にイサム・ノグチ《無》についても洗浄保存処置を施した。本件はそのうちの1点である。


保存修復作業記録

2014年3月13日 ブロンズスタジオ・黒川弘毅/作業者:黒川弘毅、伊藤一洋、田代哲也

作品

作者=朝倉文夫
作品名=小山内薫
材質=ブロンズ
制作年=1958年
寸法=70×50×37cm

【修復処置事項および内容】

・表面の状態 :平成23年度の作業時と比較して、顕著な変化は認められない。撥水性は良好に維持されていた。
・鳥の排泄物:痕跡が見られた。
・人為的キズ・落書きの個所:なし。
・ピンホール(鬆)・穴・亀裂の個所:顕著なものは認められない。
・内部からの噴出・析出物:なし。
・破損・欠失個所:なし。
・変形個所:なし。
・その他の異常:顕著なものは認められない。
・固定状態:良好。

【作業の基本方針】

洗浄し保護剤を更新して撥水性を維持する。

【作業内容】

1.洗浄作業
 非イオン系洗剤を用いて洗浄した。
 使用材料 非イオン系洗剤溶液
2.保護剤塗布作業
 蜜蝋を全体に塗布した。 
  輪郭にメリハリが出るように光沢を調整した。
 使用材料  蜜蝋、リグロイン

【作業結果】  

作業前と比較して、顕著な変化は認められない。

日付

2014年3月3日


What's on