慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。
本フォーラムでは、地域にとって身近なようでいて、実は接する機会の少ない、大学の建築に焦点をあてます。
国内外の建築資料アーカイヴの活動や、大学における建築物の公開に関する取り組みを、レクチャーとケース・スタディを通じて共有し、議論します。

言語:日・英
※ 講演は日本語で行われますが、英語での言語サポートを提供予定です。

フライヤーをダウンロード

日時

2018年10月20日(土)14:00-16:30

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎 517番教室

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

参加無料

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター 本間・滝瀬
03-5427-1621

見学会 | シンポジウム[都市のカルチュラル・ナラティヴ]

日時

2018年10月20日(土)14:00-16:30

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎 517番教室

対象

どなたでもご参加いただけます

費用

参加無料

お申し込み方法

事前申し込み必要なし、定員100名(先着順)

※ 講演は日本語で行われますが、英語での言語サポートを提供予定です。 ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。

*If you need English translation, please send your request via the form below:

タイムテーブル

レクチャー(14:00-)

渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター 教授/キュレーター)
「学校と記憶ーー慶應義塾の建築プロジェクトを中心に」

藤本貴子(文化庁 国立近現代建築資料館 建築資料調査官)
「近現代建築アーカイブズの保存と活用―文化庁国立近現代建築資料館と海外の事例から」

ケース・スタディ(15:15-)

明治学院大学(桑折美智代/明治学院歴史資料館)
「歴史的建造物が語るキャンパス ~文化財三棟(インブリー館・記念館・チャペル)を中心に~」

学習院大学(冨田ゆり、丸山美季/学習院大学史料館)
「学習院大学目白キャンパスの歴史ある建築の保存と活用」

ディスカッション(15:45-)

お問い合わせ

慶應義塾大学アート・センター 本間・滝瀬
03-5427-1621

主催・共催など

主催:「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクト実行委員会、慶應義塾大学アート・センター
助成:平成30年度 港区文化プログラム連携事業/平成30年度 文化庁 地域の美術館・歴史博物館を中核としたクラスター形成事業