慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Saga Kobayashi Butoh Peformance "Incubate"

45年前、小林嵯峨は、《四季のための二十七晚》で土方巽とともに舞台に立ちました。

本作品「孵化する」では、生物の「孵化」そのもの、すでに腐敗し切った「蛹」、蛹化から孵化そのものに焦点を当てます。蛹はまた胎盤でもあり、そこで腐乱し産まれ得なかった生命の、それでも尚、産まれ出でようとする凄まじくも無残ではあるがまた、例えようもなく美しい相貌を追ってみたいと考えています。(小林嵯峨)

フライヤーをダウンロード

Date

2017年6月2日(金)18:30〜

Venue

Keio University (Hiyoshi), RAIOSHA

Audience

Open to Anyone

Cost

Admission Free

Enquiries and bookings

Keio University Art Center
​03-5427-1621

Performance[Keio University Freshman event]

Date

2017年6月2日(金)18:30〜

Venue

Keio University (Hiyoshi), RAIOSHA

4-1-1 Hiyoshi, Kohoku-ku, Yokohama, Kanagawa 223-8521
1 min. walk from Hiyoshi Station (Tokyu Toyoko Line, Meguro Line, or Yokohama Municipal Subway Green Line)

http://www.keio.ac.jp/en/maps/hiyoshi.html

Audience

Open to Anyone

Cost

Admission Free

Booking

No booking required

Lecturer/Performer

Dancer: Saga Kobayashi, Fuku Enoki, Toru Komatsu, Toshiyuki Tanigawa
Choreographer, Director: Saga Kobayashi

小林嵯峨

1946年8月30日 三重県に生まれる
1969年より土方巽に師事。燔犠大踏鑑には1975年まで在籍。第2次暗黒舞踏派の主力メンバーとして伝説的舞台となった1972年「四季のための二十七晩」などの全作品に出演。1998年より『アウラ・ヒステリカ』をテキストとする【アウラシリーズ】を展開、身体と心の無意識領域を探り、自己の舞踏を追及する。

フランス、ドイツなど海外での活動も行う一方、近年では国内における公演を重視し、その意義を見出そうとしている。2016年11月『翻案・犬の静脈に嫉妬することから』於:d-倉庫

Enquiries and bookings

Keio University Art Center
​03-5427-1621

Organiser(s)

Organised by: HiyoshiKeio University Art Center