慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Research projects

SHOW-CASE project

小規模かつ多岐にわたる場所で展開可能な新しい展示プロジェクト。展示ケースという小さな展示空間を作家と演出すると同時に、作家と協力して印刷物を発行する試みです。

Arts Management educational program

Our main objectives are to question current educational approaches to the management of cultural and public arts organizations (or Arts Management), attempting to move beyond the limited understanding or shortsightedness of purely academic enquiries. In addition to this, we aim to promote the development and practice of efficient Arts Management Educational Programs, through evaluating educational targets, objectives, and methods.

Project details (2013)

Butoh: A Body Over the Edge

土方巽の《禁色》(1959)発表から半世紀が過ぎ、舞踏は国や地域を越えた広がりを見せています。世界の各地でパフォーマンスやワークショップが開催されているほか、様々な研究者により舞踏研究が行われています。

「舞踏:越境する身体」では、舞踏の実践や研究の国際的な状況を調査し、国内の動向と接続することを目指しています。また同時に、慶應義塾大学アート・センターの土方巽アーカイヴで行われている研究活動の、より積極的な国際発信を行います。

Keio University Art and Architecture Open Days

慶應義塾のキャンパスに存在する建築物や彫刻、絵画などの芸術作品を、マップを片手に巡る見学会。
現在、建築を中心とした「建築プロムナード——建築特別公開日 」、屋外彫刻などの美術作品も対象とする「アート・プロムナード」の2シリーズを開催しています。

Video Information Center and Documentation of Art in 1970s Japan

This project aims at archiving the tape library and other resources of Video Information Center (VIC), and investigating the activities of VIC.
The VIC tape library consists of approximately 1,200 tapes recording performances, exhibitions,symposiums in 1970-80s, such as: Interview with Jiro Takamatsu at his studio, Interview with Nam June Paik, Kishio Suga Event (1975).

Activity report (PDF, Japanese and English)