慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Research forum: Tokyo Biennale 1970 as Contact Point

2016年3月、アート・センターでは東京ビエンナーレ'70を検証する展覧会「東京ビエンナーレ'70 再び」を開催し、会場における作品配置の問題を研究の俎上にあげました。そしてこの展覧会の成果をもとに、同展のキュレーターである渡部葉子が、Tate Modern で研究発表をおこないました。

本研究会では、Tate での発表にもご参加いただいた峯村敏明氏と、小清水漸氏をゲスト・スピーカーに迎え、Tate でのセッションの報告と、さらなるディスカッションを行います。

[写真]テート・モダン「人間と物質の間」のセクションに展示中の小清水漸《表面から表面へ》を前に語りあう小清水漸と峯村敏明

Date

Monday 12 December 2016, 18:00-20:00

Venue

Keio University Mita Campus, East Building 6F G-SEC LAB.

Audience

Open to anyone

Cost

No admission

Enquiries and bookings

慶應義塾大学アート・センター(本間)

Date

Monday 12 December 2016, 18:00-20:00

Venue

Keio University Mita Campus, East Building 6F G-SEC LAB.

Audience

Open to anyone

Cost

No admission

Booking

No booking required

Lecturer/Performer

峯村敏明氏
小清水漸氏
司会:渡部葉子

Enquiries and bookings

慶應義塾大学アート・センター(本間)

Organiser(s)

主催:慶應義塾大学アート・センター