慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

舞踏のオンライン・コースを開講中です!(10月21日まで登録を受け付けています)

2018年9月、慶應義塾大学アート・センターは、土方巽アーカイヴの活動を下敷きに、舞踏から日本の前衛芸術を読み解くオンライン・コースを開発しました。コースは開講期間中、どなたでも無料で受講できます。

講座概要

舞踏は日本で生まれた身体表現で、60年ほどの短い歴史の中で世界に広まり、「BUTOH」として知られています。本コースではアート・センターが所蔵している資料を紐解きつつ、世界最初の舞踏家である「土方巽」の足跡に触れ、国内外で活躍する舞踏家、舞踏研究者をゲスト講師に迎えて多様な視点から舞踏について学びます。 学習期間は4週間で、言語は英語、一部ビデオは日本語(英語字幕)です。なお、受講料は無料です。 

https://www.futurelearn.com/courses/japanese-avant-garde-art-butoh

What's on