慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

「ハンネ・ダルボーフェン」展:展示設営記録映像をYouTubeで公開しました!

現在開催中の「ハンネ・ダルボーフェン」展の設営記録映像を特別に公開いたします!
4月27-28日の2日間にわたり8時間以上の時間をかけて行われたハンネ展の作品展示作業を GoProで撮影しました。
HPで公開中のGIF画像ではその作業が約20秒間に凝縮されています。

また、アート・センターYouTubeでも編集版の記録映像を公開いたしました! 約3分半の作業映像に字幕をつけ、おまけとして作業動画や写真も追加しました。
総数171枚にものぼるパネルを迅速かつ華麗に並べていく様子は必見です。是非ご覧ください。動画は全景編と《環境〈80〉:今日(ヴァルター・メーリングのために)》編の前後編を公開予定です。

 

ハンネ・ダルボーフェン展ができるまで:全景編 | Behind the scenes: installing the exhibition “Hanne Darboven”

 

 

 


画面左奥:《“楽しやジプシー生活”》 1980年 31シート+インデックス1枚
中央から右:《環境〈80〉:今日(ヴァルター・メーリングのために)》 1980年 137シート+インデックス2枚
左:《シャルル・ボードレール、ハインリヒ・ハイネ、エンリケ・サントス・ディセポロ、オメロ・マンシ、セレドニオ・フローレス、  カール・クラウスのテキスト/ハンネ・ダルボーフェンによる選択、引用、コメント》 1975年 『POUR Écirre la Liberté(自由を書くために)』 36葉 両面印刷

 

 


画面中央:《環境〈80〉:今日(ヴァルター・メーリングのために)》 1980年 137シート+インデックス2枚
右手前:《シャルル・ボードレール、ハインリヒ・ハイネ、エンリケ・サントス・ディセポロ、オメロ・マンシ、セレドニオ・フローレス、  カール・クラウスのテキスト/ハンネ・ダルボーフェンによる選択、引用、コメント》 1975年 『POUR Écirre la Liberté(自由を書くために)』 36葉 両面印刷
右奥:《無題》 1970年

 


What's on