慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 04 脱芸術/脱資本主義——半プロダクション礼賛

熊倉敬聡/足立典子/池田幸弘/沼田美樹/伊藤裕夫/西村淳/石橋源士
  • 発行: 1999-03-31
  • B5変型、100ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)

ご購入/送付方法

序(熊倉敬聡)

研究会・ワークショップの記録

1. 道具のなかの道具・武器のなかの武器——MONEY & MAN(足立典子)

2. 高度大衆消費社会と音楽批評——古典的美学と脱芸術のはざまで(池田幸弘)

3. アートと社会——ケース・スタディ:スタジオ食堂(沼田美樹)
    スタジオ食堂と〈脱芸術/脱資本主義〉——沼田論文へのコメントとして(伊藤裕夫)
    沼田美樹論文によせて(池田幸弘)

4. 脱資本主義的生活と「民衆の平和」(西村淳)

5. 脱資本主義的生活とは(石橋源士)

6. 来るべき〈幸福学〉へのノート——頑張らなくてもいい社会に向けて(熊倉敬聡)

編集後記(池田幸弘)


「脱芸術/脱資本主義」とは、「資本主義」や「芸術」という現実を認めつつも、その傍らであえて「中途半端」なものを生活の中に積極的に押し出そうという試み。2年弱にわたる研究会・ワークショップの成果報告書である。のべ10名の論文やコメントを収録する。

What's on