慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 11 芸術のプロジェクト

前田富士男/熊倉敬聡/三宅理一/鈴木拓生/南條史生/内田まほろ/高山正也/岩竹徹/川又啓子/米屋尚子/和田充夫/美山良夫
  • 発行: 2004-01-31
  • B5変型、120ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)

ご購入/送付方法

はじめに——慶應義塾大学アート・センター開設10周年記念を迎えて(前田富士男)

1. 身体的「知力」の復権に向けて——ヴィゴツキーの「発達の最近接領域」再考(熊倉敬聡)

2. 歩行者の流れに関する可視化モデルの研究(三宅理一・鈴木拓生)

3. 今、美術館を創ること(南條史生)

4. 科学館というアートミュージアム——サイエンスミュージアム変革の試み(内田まほろ)

5. アート・アーカイヴズ論の研究——情報メディア記述の統合についての考察(高山正也)

6. コンピュータ音楽の挑戦——2つのCOEプロジェクトを中心に(岩竹徹)

7. アートとマーケティング——Marketing as Communication(川又啓子)

8. わが国の舞台芸術と芸術政策——文化芸術振興基本法を契機に(米屋尚子)

9. ビジネス・マネジメントとアートの邂逅(和田充夫)

10. 大学院アート・マネジメント教育の目的と課題——カリキュラム・モデル構築をめざして(美山良夫)

付録


アート・センターは2003年秋に10周年を迎えました。これを記念しブックレットを2冊同時刊行いたします。当センターでは美術・音楽・映画・舞踊などさまざまなアートを多様なスタイルで紹介してきましたが、今回は「芸術とは何か」という原点にかえり、「プロジェクト」「ロケーション」をキーワードに18人の研究者たちが“競演”します。

What's on