慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 18 文化観光 『観光』のリマスタリング

北川宗忠/美山良夫/小林麻衣子/内藤正人/新田太郎/星野佳路/下平わか奈
  • 発行: 2010-03-31
  • B5変型、127ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)

ご購入/送付方法

はじめに(美山良夫)

1. 文化観光の軌跡 (北川宗忠)
  「文化観光」と文化施設マネジメントの近未来 (美山良夫)

2. 英国人のグランドツアー――その起源と歴史的発展 (小林麻衣子)

3. 幕末江戸の、ひとり観光旅行――『 江戸名所独案内』にみる、近世末期の江戸市中旅ガイド (内藤正人)
  「日本八景」の選定――1920 年代の日本におけるメディア・イベントと観光 (新田太郎)

4. 目指せ観光大国! (星野佳路)

5. 主要研究資料 (下平わか奈・美山良夫 編)


福澤諭吉は「国光発於美術」(国の光は美術に発する)と記した書幅を残した。中国の古典『周易』にある「観国之光、利用賓得于王」(国の光を観るは、王に賓たる利あり)に由来するとされ、この言葉はまた観光という語の源ともされている。この言葉が本来持っていた「光」、つまり優れた文化的な所産等を、「観」、すなわち見る、示すという意味合いで観光を再検討し、観光立国が唱えられる今こそ、観光のリマスタリングをおこなうことが必要ではないであろうか。

What's on