慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 15 文化施設の近未来―アートにおける公共性をめぐって

前田富士男/美山良夫/河﨑晃一/高橋信裕/植村栄治/太下義之/渡部葉子
  • 発行: 2007-03-31
  • B5変型、120ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)  
  • 在庫無し

ご購入/送付方法

はじめに (前田富士男)

1. 近代美術における公共性と私性―バウハウスとダダを手がかりに (前田富士男)
    文化施設の今後―公共理念の再定義へむけて (美山良夫)
    美術館運営のゆくえ (河﨑晃一)
    わが国の文化環境とこれからのミュージアム (高橋信裕)
    指定管理者制度と芸術振興 (植村栄治)
    需要リスク移転のパラドックス―王立武具博物館の失敗例に学ぶ (太下義之)
   「公」の物差し、「個」の物差し―ダニエル・ビュレンの問いかけ (渡部葉子)

2. 関係法規一覧
    文化における公共性/主要研究資料


近年、日本の文化政策は、指定管理者制度や市場化テストの導入により、これまでにない大きな構造改革の時期を迎えている。本号では、現在進行しつつある改革がどのような文化的意味をもつのか、法体系、経済活動の中でどのように位置づけられるのかを、現場レベルから歴史的理論的な観点にたって、幅広い角度から検証する。

What's on