慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 05 ヨーゼフ・ボイス——ハイパーテクストとしての芸術

前田富士男/ギュンター・ミーナス/平山敬二/山本和弘/ラルフ・シュネル/熊倉敬聡/渾沌坊太定/三本松倫代
  • 発行: 1999-12-31
  • B5変型、152ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)
  • 在庫無し

ご購入/送付方法

はじめに(前田富士男)

1. 今日、ボイスとともになしうること——疑問・矛盾・葛藤(ギュンター・ミーナス)

2. シラー美学とボイスの思想——美的国家の構築をめぐって(平山敬二)

3. ヨーゼフ・ボイス研究<パラッツォ・レガーレ>(山本和弘)

4. ボイスとジョイス(ラルフ・シュネル)

5. 「死」の教室から「生」の教室へ——ボイスとシュタイナーの余白に(熊倉敬聡)

6. さらば、乾いた糞(渾沌坊太定)

7. 再神話化そして間隔——ヨーゼフ・ボイス〈君の傷を見せよ〉(前田富士男)

ボイス研究文献・年譜(三本松倫代・編)


ボイス没後10周年を記念してアート・センターが開催したイヴェントの中心は、各方面からの発言を集めて注目された大型シンポジウムだったが、本編はその参加者たちが書き下ろした論文集成。ドイツ人2人の寄稿を含む論文7編に、「ボイス研究文献・年譜」を収める。

What's on