慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 10 身体をキャプチャーする——表現主義舞踊の系譜

前田富士男/ヴァレリー=プレストン・ダンロップ/ヘートヴィヒ・ミュラー/パトリツィア・シュテッケマン/松澤慶信
  • 発行: 2003-03-31
  • B5変型、96ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)

ご購入/送付方法

はじめに(前田富士男)

1. ラバンの理論(ヴァレリー=プレストン・ダンロップ)

2. マリー・ヴィグマンの舞踊芸術(ヘートヴィヒ・ミュラー)

3. クルト・ヨースについて(パトリツィア・シュテッケマン)

4. われわれの時代のダンスと表現主義舞踊についての覚え書き(松澤慶信)

5. 線描(Zeichnung)と書記(Schrift)、あるいは造形と舞踊 ——ドイツ表現主義の再定義(前田富士男)

6. ラバン、ヴィグマン、ヨースに関する参考文献


ドイツ表現主義舞踊を築き上げた3人の革新者、ルドルフ・フォン・ラバン、マリー・ヴィグマン、クルト・ヨース。彼らの偉大なる業績を紹介・分析しながら、身体表現における問題について、第一線で活躍中の学者たちが考察を試みた。2001年夏・慶應義塾大学にておこなわれたシンポジウムでの講演内容を採録・編纂。

What's on