慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

Booklet 16 ワークショップのいま――近代性の組み替えにむけて

前田富士男/大月ヒロ子/佐藤允彦/安田雅弘/石川恒夫/遠山正道/岡崎香奈/西河正行/シェーマス・カレン/真壁宏幹/中島恵
  • 発行: 2008-02-29
  • B5変型、178ページ

  • 頒価・送料: 700円(税込)
  • 在庫無し

ご購入/送付方法

はじめに (前田富士男)

1. ワークショップの企画――新しい試みにむけて(大月ヒロ子)
    Randooga Workshop(佐藤允彦)
   《演劇的知》とワークショップ(安田雅弘)

2. ワークショップとは何か――「ともに」つくること・「自己を」創造すること(石川恒夫)
    アートとワークショップの在る論考(遠山正道)

3. 音楽療法におけるワークショップ――「感性化」プロセスに焦点をあてて(岡崎香奈)
    グループとしてのワークショップ――臨床心理学領域におけるワークショップの用例を通して(西河正行)
    ワークショップ――共に座る(シェーマス・カレン)

4. 古典的近代の組み替えとしてのワークショップ――あるいは「教育の零度」(真壁宏幹)

5. ワークショップ主要研究資料(中島恵 編)

 


元来「作業場・工房」を意味する「ワークショップ」という言葉は、1980年代後半より芸術領域、療法関係、教育関係でも使われるようになり、その意味も多義化している。本号では、「ワークショップ」概念が領域横断的に使用されている点にあえて注目し、誰もが今模索している「生きるアート」の新しい諸相を、より鮮明に浮き彫りにする。

What's on