慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center

イベント一覧

2010
3月9日「病める舞姫」を秋田弁で朗読する_米山九日生少年に捧ぐ
2月6日新しいアーカイヴ学のために:アート・アーカイヴ実践の現場から
1月23日第3回公開講座 「アート・イベントの安全と安心」講演
1月9日展覧会「東京タワーについて」展覧会
2009
12月14日「映像人類学とアート」人類学的表現の新地平を求めて  -映像とアートが紡ぐ記録と表現の新たな関係上映 ワークショップ シンポジウム
11月28日晩秋に響く ギターとフルート in 元麻布・安藤記念教会
10月10日大学の建築フォーラムシンポジウム
10月10日「イサム・ノグチの空間——総合的環境デザイナー(設計者)としてのイサム・ノグチ」講演
10月6日谷口吉郎とノグチ・ルーム展覧会
10月3日芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム キックオフ・シンポジウム「対話型アーカイヴの可能性」シンポジウム
5月28日[国際ダンスプロジェクト] ワーク・イン・プログレス 磁場、あるいは宇宙的郷愁公演
5月9日第1回公開講座 「『意心帰』をめぐって—安田侃(かん)の仕事」講演
1月31日アート・マネジメント講座2008 第3回公開講座 「アート・サポーターにできること」講演
2008
12月3日ユーザーの領分──版画・写真・マルティプル作品の過去/現在展覧会
11月15日晩秋に響く武満&ドビュッシー 元麻布・安藤記念教会で聴く公演
10月11日第2回公開講座 「版画がつなぐコミュニケーション」講座
10月5日富士ゼロックス版画コレクションによる 語り手たちの秋[とき]の声:クレー、タピエス、トゥオンブリ展覧会 講座
10月2日クリエイティブ産業研究 公開講座 武部聡志「音楽のプロデュース(アーティストとともに)」講演
7月12日アート・アーカイヴ資料展III 「1968—肉体の叛乱とその時代」展覧会
6月14日アート・マネジメント講座2008 入門講座講座
5月26日室伏鴻舞踏公演 quick silver / HIYOSHI version公演
5月17日第1回公開講座 宇佐美圭司講演会 「絵画空間のコスモロジー」講演 見学会
3月1日第3回公開講座 思いをかたちに〜アートNPOができること〜講座
1月12日アート・アーカイヴ資料展II「1978」展覧会
2007
12月21日土方巽 舞踏 大解剖2 ——劇映画の土方巽上映
12月15日第2回公開講座 「描くことと書くこと」大竹伸朗×いしいしんじ/大竹伸朗 スクラップ・ブック特別展示講座 展覧会
12月14日Artist in Campus 大竹伸朗 ワークショップ "スクラップ"ワークショップ
11月30日没後25年記念展「西脇順三郎と美術」展覧会
11月4日富士ゼロックス版画コレクションによる 鉄を刷る——E.チリダ、R.セラ、若林奮展覧会
10月18日油井正一没後10年 アスペクト・オブ・ジャズ2007——佐藤允彦と仲間たち公演
7月30日ルーヴル美術館・サマースクール in Japan 一般公開セッション [東京]シンポジウム
7月30日ルーヴル美術館・サマースクール in Japan講座 シンポジウム
6月23日アート・マネジメント講座 2007(入門講座)ワークショップ
6月18日「トランス文化の位相」研究会「グレゴリー・ベイトソンの精神の生態学と芸術の心性」シンポジウム
6月2日アート・マネジメント講座 2007(公開講座)第1回 オーボエとの「時間(とき)」講演
5月25日土方巽舞踏大解剖 正面の衣裳全編上映講演
2月4日富士ゼロックス版画コレクションによる 引用と創造——ウォーホル、ホックニー、オルデンバーグ展覧会
2006
12月2日レクチャー&ディスカッション「アーティストはアーキヴィスト!」講演
11月28日アート・アーカイヴ資料展「ノートする四人——土方、瀧口、ノグチ、油井」展覧会
11月14日<わが最良の友>たる芸術家——バックミンスター・フラーとイサム・ノグチ講演
10月21日アート・マネジメント実践講座(ワークショップ)講座
6月17日アート・マネジメント実践講座(入門編)講座
5月10日舞踏公演『記憶の海』公演
2005
12月5日瀧口修造1958−旅する眼差し展覧会
11月28日イタリア文化のいま——インスピレーションの源泉としてのマフィア上映 講演
10月7日『踊る筆・描く音・奏でるからだ』 ウィーンのアート・アンサンブルTAMAMUが表現する <描><楽><踊><語>の共振と現代芸術上の位置公演
9月27日慶應義塾におけるドイツ年 デュッセルドルフ大学オーケストラ演奏会公演
7月20日マリア・デ・コラール講演会講演
6月22日映画の/と時間 その9 『リチャード・フライシャーの魅力』講演
5月18日舞踏公演『幻容の道』公演